さくら会矯正専門サイト

予約ボタン

予約ボタン

さくら会の成人矯正

「歯並びが気になっているけれど、矯正治療に踏み出せない」「自分の歯並びに自信を持ちたい!」と思っていても迷っていてなかなか行動に移せていない、という方も是非、当院の無料のカウンセリングにお越しください。カウンセリングや、検査が無料にて受けることができますので不安なことが少しでも解消されますよ。

歯並びを改善するメリット

1、コンプレックスが解消されます

自分に自信を持ちたくて目や鼻の整形をする方がいらっしゃいます。では、口元はいかがでしょうか?歯並びも第一印象を決める要素になりやすいパーツです。治療が進んでいくことで口元に自信を持つことができ、もっと人と話したり鏡を見たりするのが楽しみになりますよ。

コンプレックスが解消

2、健康を保ちやすくなります

歯が重なっていると、自身でのケアが行き届きにくくて汚れがたまりやすいところです。そこから虫歯や歯周病が発生しやすくなります。歯がきれいに並ぶことで視覚的な美しさだけでなく、健康も保ちやすくなるのです。

健康

3、口臭の軽減になる

歯並びが悪いと、ケアがしにくい箇所に汚れが長期間たまって臭いが発生することがあります。更に放置しておくと歯周病に繋がることも。汚れがたまりにくい環境に口腔内をする

口臭の軽減

4、しっかりと噛めるようになります

上下の歯がきちんと噛むということは、しっかりと噛んで食事ができるということです。きちんと噛めていないと消化器官に負担をかけます。きちんと上下のかみ合わせが合って正しく噛める歯並びというのが見た目にも美しくて健康的な歯並びなのです。

しっかりと噛める

予約ボタン

インビザライン矯正

インビザラインとはインビザラインとは

インビザラインのメリット!

1、近くで見ても目立ちにくい

実際にインビザラインをはめている方の写真です。至近距離で見ていても治療中だと知らなかったら気が付かないくらい目立ちません。接客業の方や、成人式や結婚式の前撮りを控えている方にもオススメです。

目立ちにくい

2、来院回数が抑えられる

当院の矯正のワイヤー矯正と比較すると、平均2/3回程の来院回数になります。決められた期間中に経過のチェックと矯正治療用のマウスピースをお渡ししますのでご来院ください。

来院回数が抑えられる

3、取り外しができて快適

インビザライン矯正は1日22時間という装着時間を守っていただければ、取り外しは患者様でできます。食事や歯磨きの際、どうしても外さなければならない場面では装着が可能です。

取り外し可能

インビザラインのデメリット

治療結果がモチベーションに左右される

マウスピースを1日22時間は装着しなければなりません。またきちんとマウスピースを受け取りに来院しなければ治療は滞ってしまいます。目標の歯並びになるために、モチベーションを常に高く持って治療に挑むことが治療を成功させるカギです。

症例が限られる

インビザラインでの治療が難しい症例の場合があります。もし、治療が難しと矯正医が半番した場合にはワイヤーブラケット矯正の適用になることがほとんどです。

インビザラインの治療の流れ

インビザラインの流れ

  • ①検査後1か月程度でマウスピースが病院に届きます
  • ②マウスピースお渡し後に矯正治療開始となります
  • ③1日17時間装着をしていただきます
  • ④マウスピースは3週間で交換します
  • ⑤複数のマウスピースを使い終えたら、来院して経過のチェックと新しいマウスピースのお渡しです
  • ⑥全てのマウスピース使用後に後戻りしない為の保定装置をお渡しいたします。

LINE@や無料カウンセリングの詳細はこちら

予約ボタン

ワイヤーブラケット矯正

ワイヤーブラケット矯正とはワイヤーブラケット矯正とは

ワイヤーブラケット矯正のメリット!

①適応する症例が多い

最も長く使用されている治療方法で症例も多くあります。インビザライン矯正での適応が難しいと診断された方もワイヤーブラケット矯正での治療が適応する可能性が高いです。

適応する症例が多い

②モチベーションに関わらず治療が進行していきます

ワイヤーブラケット矯正の場合は、矯正医の診療を受ければ治療は進みます。

モチベーションに関わらず治療が進行

ワイヤーブラケット矯正のデメリット

①矯正装置が見える

矯正装置をしていることを周りに知られたくない方には向きません。しかし、矯正をすることは恥ずかしいことではないと当院では考えています。目立たないブラケットがいいという方は医師にご相談ください。

②口内が傷つくことがあります。

矯正器具が当たって、口内炎ができやすくなるかたもいらっしゃいます。痛みがどうしてもつらいという場合病院にご連絡くださいね。

ワイヤーブラケット矯正の流れ

ワイヤーブラケット矯正の流れ

  • ①検査後、歯科医師がワイヤーとブラケットを取りつけます
  • ②約1か月に1回、病院にて調整をしていきます
  • ③治療が進むと、症例によっては通院間隔を1か月より長く開けてご来院していただくこともあります
  • ④歯並びが動かないよう、保定装置をお渡しします

LINE@や無料カウンセリングの詳細はこちら

予約ボタン